最近の歌謡曲はなんと歌っているのかが解らない。年配の人が共通して言うことだ。それは年代の問題ではなくて、日本語が外来のリズムに合わないということだろう。南こうせつさん、さだまさしさんは、年配の人にも支持…

最近の歌謡曲はなんと歌っているのかが解らない。年配の人が共通して言うことだ。それは年代の問題ではなくて、日本語が外来のリズムに合わないということだろう。南こうせつさん、さだまさしさんは、年配の人にも支持される音楽であることは言葉ありきだから。以前、さださんだったかと思うが、言葉に自然とメロディがついてくると即興で演奏されたことがあった。音楽は全世界共通する言語と言われるが、そうではないだろう。ロシアンチェリストじゃないと出せない冷たく緊張感のある音色と歌いまわしがある。カバレフスキーの知名度が低いのはロシア語を喋らないとわからない隠れたものがあるからか。チェロ好きへの名曲。 http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e915383.html