戦争に行く船じゃなくてよかった。最後の劇場作品のラストの母親の言葉が印象的になおさら感じられた。オペラの演出のようでもあり、画面作りだけで観ていてジンと感動を呼ぶ。映像作家としてはチャーリー・チャプリン…

戦争に行く船じゃなくてよかった。最後の劇場作品のラストの母親の言葉が印象的になおさら感じられた。オペラの演出のようでもあり、画面作りだけで観ていてジンと感動を呼ぶ。映像作家としてはチャーリー・チャプリンのタイプだ。